クレジットカードの現金化を専門の業者に依頼する際のメリットは?


なにしろ、クレジットカードの現金化というのは、最近になって特に注目され始めている「現金を手にする方法」の一つです。特に、銀行や消費者金融からお金を借りることをあきらめている人にとって、クレジットカードの現金化を行うことによって得られる現金というのは、まさに最後の希望なのです。残念ながら、クレジットカードの現金化を行っても希望通りに現金が得られるとは限らないのですが、それでも、クレジットカードの現金化を行うメリットがあるからこそ、多くの人が今、この方法に注目しているのです。

クレジットカードの現金化を行ってみた人が、まずどういう部分に驚くのかというと、やはりその手軽さです。消費者金融からお金を借りる場合でも、手続きが簡単なものは増えてきましたが、それでも、手軽さという意味においては、クレジットカードの現金化を行う場合のほうがはるかに上回っているというふうに言って差し支えないと思います。

個人のお客さんだけではなくて、急にお金が必要になった個人の事業主さんとかでもクレジットカードの現金化を検討するそうなんですよね。こういう人になってくると、例えばあるお店にとってのお得意さんになったりするわけですよ。クレジットカードの現金化を代行してくれる業者はいろいろとありますが、その業者ごとにやっぱり得意分野(確固たる販売ルートを持っている高額商品)があって、その店の得意としている商品(持っていけば高額で買い取ってくれる商品)を把握して頻繁に持っていくようにすれば、その店のスタッフと懇意になることができて、いわばお得意さんのような関係になることもできるのです。

お得意さんの関係になると、商品を持ち込んだ際の換金率が上がったり、あるいは、高額で取引している商品の情報をリアルタイムで教えてもらえたりします。そうなってくると、消費者金融からお金を借りる場合よりも、余程効率よくまとまったお金を手にすることができるというケースも少なくはないんですよ。

クレジットカードの現金化を請け負う業者は、たいていweb上で事業を展開しているので、来店不要、しかも、現金化を行うにあたって審査が不要になるケースがほとんどです。よほどの事情があれば、持ち込んだ商品に値段をつけてもらえないということがあるかもしれませんが、基本的に、店側に指定された商品を持ち込めば、相場に従って換金してもらえます。このあたりが、消費者金融からお金を借りる場合と比べて大きく異なる点だと思います。現金化の流れに関しては、【vivian】でわかりやすく解説しています。

消費者金融からお金を借りる場合に(銀行からお金を借りる場合ももちろん同じですが)重視されるのは、お金を借りようとしているその人個人の信用です。つまり、金融機関の利用者に何らかの問題があったら、お金を借りることができません。顧客の問題を見抜くために審査があるといっても過言ではないのです。

これにたいして、クレジットカードの現金化を行う場合は、重視されるのは顧客個人の問題というより、顧客が持ってきた商品にどれほど価値があるのかという点です。もちろん、現金化を行う場合にも身分証明は必要となりますが、それらのチェックは必要最低限で、業者が指定した商品を問題のない条件で持っていきさえすれば、それらの商品をきちんと査定したうえで現金化してもらえるのです。

商品そのものの魅力を見てもらえるのも、クレジットカードの現金化を行う場合の大きなメリットになると思います。