カードローンにかかるコストは金利だけじゃない!気をつけたい手数料

カードローン 手数料
カードローンを選ぶ時に、多くの人が注目するのは金利です。毎月の残高に応じて金利という負担をしなくてはいけませんので、できるだけ安いほうが有利なのは当然です。ただ、実際カードローンを利用していると金利以外に手数料という負担が出てきます。

最初の振込み融資などは手数料なしで融資金を受け取ることが出来ます。その後、ローン用のカードを使ってお金を借入、返済する時にはそのたびに手数料がかかることがあります。カードローン会社専用のATMを利用すれば手数料がかかりませんが、急な出費に慌ててコンビニATMを利用する時などは所定の手数料がかかります。滅多に利用しないのでしたらそれ程気になる額ではありませんが、数千円をちょっとずつ借りては返すようなATMの利用法だと金利以上に大きく負担がかかることもあります。

この手数料の負担を出来るだけ抑えたい時にはどうすれば良いでしょうか。ネットや電話で、振込み融資を申し込むという方法を取れば手数料がかかりません。この場合、今すぐお金が必要!という時にスピーディに対応できないというデメリットはありますが、予定の支出が少し先の場合には良いですね。

また、ATMを利用する場合にもカードローン会社のATMしか利用しないと決めておくことです。コンビニATMなら身近にあって便利ではありますが、行ってお金を引き出したついでにお買い物をしてしまうこともあります。余計な支出を抑えるためにはコンビニATMは便利だけど、いざという時の選択肢として残しておくのが一番です。

またカードローンの中には会社専用のATMだけではなく、コンビニATMの手数料もかからない場合があります。それが銀行系のカードローンなのです。大手銀行の中には、手数料が24時間ゼロという銀行もあります。銀行の自分の口座から時間外にお金を引き出す時には手数料がかかるのが一般的ですが、銀行系カードローンだと手数料が無料になるというメリットがあります。

返済の手数料もかかりませんので、収入があった時に少しずつ返済をして借入残高を減らしておくことも出来ます。カードローンを選ぶ時には金利だけではなくATM手数料までしっかりチェックしておけば、金利以外の余分なコストカットをして有利に借入・返済することが出来ますね。

選ばれるカードローン厳選ピックアップ→キャッシング比較なら.net