クレジットカード現金化の方法と注意点

クレジットカードの現金化とは、クレジットカードのショッピング機能を使ってショッピングをして、その後その商品を販売する、返品するなど何らかの方法で現金へと変換させることを指します。つまりこのクレジットカードの現金化では、クレジットカードの利用者にとっては、即現金を手にすることができるということがメリットになります。例えば、キャッシング枠がない人や消費者金融、他の金融機関でのキャッシングを利用せずに、簡単に現金が入手できる方法となります。
 
実際の換金方法としては、いくつかの手段があります。一つ目は商品購入して、転売、売却する方法です。これは主にブランドバッグや貴金属などがあります。転売先は、質屋や中古品取り扱いショップ、ネットオークションなど様々あります。このような商品は高額なだけに偽物をつかまされないようにすることに注意が必要です。

また100%販売できるわけないことや、商品によってかなり価格の換金率がかわるのでしっかり調べてから購入しましょう。商品候補としては、中古業者が高く買い取ってくれそうなものや、換金率が良い人気のある商品を選ぶのがポイントです。人気のゲーム機など高額買取りやネットオークションなどでの高額落札が期待できる商品もあります。も一つは、購入後の返品です。クレジットカードで支払い、口座などに現金が振り込まれるようになります。ただこれは会社によっては翌月に相殺されるケースなども場合もあり、現金化できないケースもあります。プラス、手続きに時間を要する場合もあり、即金が必要な場合、必ずしもすぐに現金が手に入る確証はありません。

このようなクレジットカードの現金化ですが、実は自分で現金化(転売や販売、返品等)をする以外にも、最初から買い取りを前提として販売を行う中間業者がいくつもあります。これは一旦、カードで商品を購入させて、80~90%で買い取り、そのマージンが売り上げとなる仕組みです。このような業者を利用する場合は注意が必要です。せっかく現金を手に入れたのは良いのだけれども、かなり低い換金率になり目減りしてしまったということが無いようにしましょう。それから最後にこのような行為は違法になることもあるので、節度を守り適度な利用頻度にしておくのが良いでしょう。